MENU

軽い肉離れとはどのような症状でその治療方法とは

スポンサーリンク

運動をしているときにふくらはぎに強い痛みを感じたというような経験をしたことがある人がいます。
足に力を入れたときに太ももの裏がつるような感じがしたということもよく起こります。
運動をしているときにはこのような経験をしたことがある人が多いです。
運動をしている人が感じやすい症状として肉離れがありますが、これは筋繊維が損傷している状態になります。
軽い場合には損傷している程度ですが、ひどくなるとこの繊維が断裂するというようなこともあります。
症状があるのに放っておくと、けがが長引いたり治療までに長い期間が必要になります。
従ってできるだけ早い時期に適切な処置をすることが大切になります。
肉離れとは急に筋肉の収縮が働いたときに、その筋肉が耐えられずに筋繊維が損傷したり断裂することを言います。
人間の体ではふくらはぎや太股に発生することが多いです。

スポンサーリンク

なぜこのような症状が発生するのかというと、それは急に運動をしたり準備運動をしていないと言うことが原因と考えられています。
すなわち筋肉の柔軟性があまりないときに発症するというのが大きな特徴です。
また肉離れにはいくつかの程度があり、軽い肉離れから重度まで分類することができます。
軽い肉離れとはどのような状態かというと、筋肉の結合組織が少し伸びた状態になります。
筋繊維にそれほど大きな損傷がないので、比較的軽い状態です。
日常生活に大きな支障はありませんが、走ったりというような激しい運動で痛みを感じることがあります。
患部には内出血や陥没が見られません。
軽い肉離れとはこのような状態になりますが、治療は基本的に安静にすることが大切です。
患部を固定してできるだけ動かさないようにします。
こうすることで1週間程度で症状が治まり完治します。

スポンサーリンク