MENU

肉離れの完治や回復期間について

スポンサーリンク

肉離れは体のさまざまなところで発症するようになっていますが、個人の症状や負傷の状態が異なっているので、必ずしもこの期間内で回復をして完治すると言うことは言えません。
生活習慣や再発の有無などによって治療期間が長くなったり短くなったりすることをしっかりと頭に入れておくようにします。
たとえば肉離れの軽度の状態の時には、筋肉の断裂が小さくなっています。
従って痛みの程度も少なく自分で歩くこともできます。
スポーツをすることもできるというのが特徴です。
しかし症状が発症したら決して我慢をしないようにします。
必ず応急処置を行って病院を受診することが大切になります。
治療期間は約2週間となっています。
これを経過すると完治して回復します。
中度の場合はどのようになっているのかというと、ここでは筋繊維の一部が断裂しています。
従って筋膜の損傷が見られるようになっています。

スポンサーリンク

中度の場合には激しい痛みを感じるようになっています。
自分で歩くことも困難な状態です。
筋肉の断裂だけではなく、周りの毛細血管も損傷して内出血を引き起こしていることも多いです。
従って適切な止血をすることが大切です。
治療期間は少し長くなり、1ヶ月から2ヶ月が必要になります。
重度になると筋繊維に深い断裂があり、患部を圧迫すると陥没が分かる状態となっています。
この状態では自分で歩くことができません。
応急処置を行った後早く病院を受診する必要があります。
ギプスなどで患部を固定します。
完治までの期間は3ヶ月以上かかることがほとんどで、復帰するまでには根気よく治療やリハビリに専念することになります。
再発を防止するためにはしっかりと完治させることが大切になります。
一度肉離れ起こした筋肉は完治しても元の力をしっかりと発揮するのが難しいので、テーピングなどで予防をすることが大切です。

スポンサーリンク