MENU

太股の肉離れ治療について

スポンサーリンク

肉離れを起こしやすい部分として太股があります。
とくにここでも70%以上を占めるのが、この後にあるハムストリングスと呼ばれる部分です。
太股はとくに肉離れが発症しやすいところとなっていますが、その分治療期間も長くなっています。
ここの筋肉は非常に強い筋肉組織でできています。
従って簡単にこのような症状が発生すると言うことはありませんが、スポーツ競技を常日頃から行っているというような人は、前面部分に症状が現れることがあります。
なぜ前面部分に症状が現れるのかというと、それは柔軟性が不足していると言うことが考えられます。
大腿部の筋肉は、強い筋肉の収縮によって運動エネルギーを生み出すことができるようになっています。
しかしこの部分が強いことが柔軟性を少なくさせているということが肉離れが発生する原因ともなっています。

スポンサーリンク

従って予防するためにはしっかりとストレッチをすることが大切になります。
気になる治療方法ですが、まずは応急処置をすることが非常に大切となります。
応急処置はまず焦らずに症状を確認することから始めます。
そのなかでRICE処置といわれるスポーツ障害全般の応急処置方法の基本が重要になります。
応急処置を終えた後には、筋細胞の内出血の発生が治まってきたことを確認するようにします。
この際にアイシングを行いますが、確認ができた後には温熱療法などの患部を温めるという治療に変えていきます。
応急処置をすることで肉離れの症状が大きくなるのを防ぐことができます。
温熱療法は回復を促すことができます。
筋繊維に小さな部分断裂を引き起こす症状となっているので、発症した部位に関しては2日から3日程度強い炎症症状が発症します。
完全に回復していないと再発の可能性も高くなります。

スポンサーリンク