MENU

肉離れと筋肉痛の見分け方

スポンサーリンク

運動をしているときに脚を痛めることがありますが、これがどの程度の症状なのかを判断することが難しくなっています。
そのなかで筋肉痛というものがありますが、これはいくつかの種類に分けることができます。
筋肉が凝り固まっているというようなときや、筋肉を動かす信号に異常が発生しているというような場合、また筋肉に血液を送り込む血管に何らかの障害が出たという場合があります。
筋肉痛では筋肉に痛みを引き起こす成分がたくさんくっついたというような場合もあります。
これらの症状が単独で起こっているというようなこともあれば、複合して筋肉痛の原因になっていることも考えられています。
これが筋肉痛の症状になります。
これに対して肉離れですが、これは筋肉が切れてしまった状態のことを言います。
そこにはいくつかの種類に分けることができます。

スポンサーリンク

これらの見分け方に関しては、発生する筋肉の障害と肉離れによって発生するダメージとは基本的に異なっています。
筋肉の痛みはあくまでも一時的なものとなっています。
すなわち体の環境に何らかの変化が起こった状態となります。
しかしこれに対して肉離れは完全にけがをした状態になっています。
従ってその傷みは非常に強いです。
自分で歩くことができない状態などのひどい症状が発生することもあります。
筋肉痛から肉離れに変化すると言うことはありませんが、症状を放置したままスポーツを続けてしまうと、体のバランスが悪くなって最終的に肉離れを引き起こすと言うことも考えられます。
そして何らかの原因として関わってくることはあります。
従ってそれぞれの症状をしっかりと把握しておくことが上手な見分け方につながります。
これが症状を発症させる予防にもつながります。

スポンサーリンク