MENU

軽い肉離れの全治について

スポンサーリンク

肉離れは筋繊維が断裂している状態になります。
従ってひどいものになると一人で歩くことができないというようなこともあります。
しかし程度が軽ければ日常生活にそれほど大きな支障はありません。
軽い肉離れの場合には、1週間程度で全治の状態になります。
また自分で何とか歩くことができるような状態であれば、これも軽い肉離れの中に含まれるので、バンテージというものを患部に巻くと改善することができます。
このバンテージというものはどのような効果があるかというと、弾性包帯のことになります。
すなわち伸び縮をして強い弾力性のあるかたい包帯になります。
けがをしたときに病院に行きますが、このときにぐるぐると患部に巻かれる強い包帯になります。
これを患部に直接巻くことによって、損傷をしている筋肉部部分をしっかりと圧着することができます。

スポンサーリンク

筋肉部分をしっかりと圧着させることで全治までの期間も短くなります。
人間はけがをしたときにその部分を修復させようと、たくさんの成分が集まってきます。
この集まってきた成分をバンテージによって圧迫することで、切れてしまった筋肉の中にしっかりと閉じこめることができます。
従ってバンテージには大きな効果が期待されています。
普通に放置しておいた状態と比べてみても、4倍程度の違いで症状を回復させることができます。
スポーツをしている人がたくさんいますが、すぐに回復させなければいけないというような場合には、バンテージよりもさらに強力なテーピングを行うことで、その場で症状を改善させることができます。
このテーピングでは少し痛みを感じることがありますが、軽い肉離れの場合にはその場で症状を改善できます。
1週間程度で完治できます。

スポンサーリンク