MENU

肉離れは運動中に起こる鋭い痛みが特徴

スポンサーリンク

肉離れは別名筋断裂といい、多くは運動中に突如鋭い痛みが走り、そのまま動けなくなるというものです。
これはスポーツをしている時などに、筋肉の強い収縮する力に筋肉そのものが耐えられず、筋組織が断裂してしまうことで起こります。
肉離れは、大腿部とふくらはぎの筋肉によく起こります。
ただし、大腿部は10代や20代といった若年層に多く発生し、ふくらはぎは年齢に関係なく発生しやすいという特徴があるのです。
さらに、肉離れの特徴としては比較的診断しやすいことがあげられます。
これは、受傷の原因が明らかであることと筋断裂箇所に内出血がみられること、筋断裂の中心部を押すと痛みがかなり強いこと、また重症だった場合はその箇所にへこみがみられる等の特徴的な症状があるためです。
痛みが強く、またスポーツ選手の場合は1日も早く競技に復帰するためにも、これが疑われる場合はなるべく早く病院の整形外科を受診することが大切です。

スポンサーリンク

肉離れの治療には、まずは発生した箇所を冷却することが肝心です。
これは患部に起こった内出血や腫れを押さえるために行います。
およそ1日から2日この冷却を行い、同時に弾性包帯やテーピングなどにより圧迫固定を行います。
こうすることで痛みがかなり緩和されるのです。
これらの治療で痛みが緩和されたら、少しずつリハビリを開始します。
まずは自分の力で関節を動かす関節自動運動を行い、圧迫していた包帯やテーピングを取り外します。
その後はストレッチを行い、回復の頃合いをみて軽いランニングを開始するという順番になります。
しかし、早く治したいと焦るとかえって長引いてしまうものです。
リハビリは、医師や理学療法士と相談しながら少しずつ進めることが肝心です。
なお肉離れの予防には、運動開始前に入念なストレッチや準備運動を行うことが大切です。

スポンサーリンク