MENU

肉離れの初期症状 腫れるのを抑える事が重要

スポンサーリンク

スポーツを部活等で本格的にやっていた人なら比較的身近な怪我が肉離れです。

 

肉離れとは筋肉・筋膜に急激な力がかかることで、部分断裂、完全断裂が起こることです。

 

スポーツ選手に多い怪我ですが、運動不足の方が突然運動するとなりやすい怪我でもあります。

 

 

軽度の場合はあまり腫れることもなく、ひどい筋肉痛のような症状が長く続きます。
この場合はとにかく患部に負担のかかるような運動はせず、安静にしておきましょう。

 

 

中程度以上の場合はその場でかなりの痛みがあるはずです。

 

経験者の話を聞くと、足がつったような感覚であったり、強い衝撃を感じたというのが怪我の始まりだそうです。

 

怪我の程度、部位によって症状は違います。
この程度なら大丈夫と高を括ると、長いリハビリ期間が必要になる場合があるので無理は禁物です。

 

受傷後放っておくと患部は赤く腫れるので、適切な処置をし腫れを抑えるのが重要です。

 

ここでしっかりとした処置ができるかどうかで完治までの期間が変わります。

スポンサーリンク

肉離れの初期症状は、怪我の程度によっても変わりますが中程度以上だと患部が赤く腫れる事が多いです。

 

これは炎症、内出血によるもので応急処置がしっかりしていれば、ある程度抑えることが出来ます。

 

 

ここで重要なのがRICE処置という方法です。

 

これは肉離れ含め、スポーツ障害全般で重要だとされる処置方法です。

 

Rest(安静)・Ice(冷却)・Compression(圧迫)・Elevation(高挙)の頭文字を取ってRICEと言われています。

 

まずは横になり、安静にしましょう。
これは血液循環を抑え、内出血を抑えるためです。

 

更にアイシングで冷やします。
これも血液循環を抑え、冷やすことで麻酔効果もあります。

 

圧迫は患部や患部周辺を伸縮性のあるテーピングテープ等で抑えることです。
患部を揉んだりはしないで下さい。

 

高挙は心臓より高い位置に患部を挙げることで、血液が心臓に戻りやすくなり腫れが引きやすくなります。

 

基本的には患部が損傷した際の血液、細胞液などをむやみに拡散さえないことが大事です。

 

 

RICE処置はあくまで応急処置です。

 

肉離れは癖になりやすいので、しっかりと病院で診てもらい完治させてから運動再開して下さい。

スポンサーリンク