MENU

肉離れと筋肉痛の違いとは ふくらはぎの突然の激痛に要注意

スポンサーリンク

ふくらはぎは普段鍛えているアスリートでも傷めやすい部分と言えます。
また久しぶりに身体を動かした場合に、筋肉痛の症状が一番出やすい部分でもあります。
痛みの感じ方は人それぞれですので、専門家でない人が判断するのは難しいのですが、筋肉痛だと思ったら肉離れだったというケースも少なくありません。
初期の段階で正しい判断が出来るかどうかで、回復への時間も変わってきます。
次のような場合は、まず肉離れを疑いましょう。
運動している間に突然バッドで殴られたような痛みや、何かが切れたような激痛、ブチッと音がした等、瞬間的に激しい痛みが走ります。
このような症状がふくらはぎに現れた時は、すぐに安静にすることが一番大切です。
肉離れはレベル別に3段階に分けられています。
軽症は小規模な断裂で歩行も可能、中程度は筋繊維の一部分が断裂した状態で皮下出血などが見られます。
重症になると断裂も深く、触ると陥没が分かります。
自力での歩行は困難で手術になるケースもあります。

 

軽症であれば早くて2週間、重症になると3ヶ月以上かかるので日常生活にも支障が出て来てしまいます。

スポンサーリンク

肉離れが疑われる時はRICE処置をします。
このRICE処置とはRest=安静、Ice=冷却、Compression=圧迫、Elevation=挙上の頭文字を取った処置のことを言います。
まずは安静、絶対に動かさないことが重要です。
冷却は氷や流水などで冷やします。
これには内出血を防ぎ、痛みを和らげる効果があります。
圧迫はしっかり固定することで腫れを抑え、血液の固まりを残さないようにします。
挙上は患部を心臓より高い位置に保つことで、血液を心臓に戻りやすくし、内出血を抑える効果があります。
この処置を適切に行なうことで、損傷部分を最小限にとどめることが出来るのです。
肉離れは普段から運動している人にも発症しやすいケガと言えます。
準備運動は勿論ですが運動後のストレッチも丁寧に行なうこと、筋肉疲労や寝不足、冷え、体調不良もその要因になると言われているので、普段から体調にも気を遣うことが大切です。

スポンサーリンク