MENU

肉離れのときの治療と薬

スポンサーリンク

肉離れとは、急激な筋肉の収縮によって筋肉が断裂する症状です。
スポーツなどで急激な力が入り普段の負荷以上の力が筋肉にかかったときに起こります。
特に運動をほとんどしていない人が急に動いたりすると起こります。
また、普段から運動をしている人にも起きてしまいます。
起こりやす人は何といっても筋肉疲労の場合が多いのです。
疲労した筋肉は弾力がなく、急に引っ張ったりするとすぐに起こってしまいます。
病院ではアイシングや湿布、固定、安静などです。
これ以上の治療は行われません。
しかし、なかなか痛みも取れず痛い日が続きます。
完全に筋肉が断裂してしまうなどの重傷でなければ手術を行うケースはほとんどありません。
基本的には、自然治癒力で徐々に直していく方法です。
これは、断裂部分が徐々にくっついて治っていくということです。
また、温熱療法では、幹部を温めながら血行を良くして治すというものです。

スポンサーリンク

肉離れが最も多く発生するのは、ふくらはぎや太ももの裏側の筋肉だと言われています。
ある接骨院の治療方法は肉離れの場所だけを治療しても再発する可能性が高いと言います。
局所的に治療してもまた再発してしまいます。
そのような方法はだめで、全身治療をしっかりと受ける必要があるようです。
その他に薬ではないですが、ミネラルウォーターをたくさん飲んで体の中に取り入れると回復が早くなるということです。
薬局など売っている市販薬などでは、有効とされているのは皆無といっても言いのではと医療関係者の方がおっしゃっています。
医者などが処方する抗炎症剤が一番効きがいいようです。
(ロキソニンなど)しかし、今現在医者に行かなくてもドラッグストアで肉離れに効くとされている薬は30種類も出ています。
それをうまく使っていくのも良い方法だと思います。

スポンサーリンク