MENU

肉離れの治療においてお酒控えるとき

スポンサーリンク

肉離れは、ランニングなどのスポーツで、たびたび発生することがありますので、身近な疾患です。

 

肉離れを一旦発症すると、直後はアイシングをして、痛みの程度を抑えさせることをよく行います。

 

しかし、アイシングを施行するだけでは、痛みが完全に無くなるわけではありません。

 

そこでよく利用されるのが、消炎鎮痛剤を用いることによって、痛みを軽減させることになります。

 

こうした消炎鎮痛剤は、日常衣生活にかなり密着していまして、家庭の常備薬になることも多いのです。

 

いっぽうで、肉離れが発生した時には、的確な使用方法を心掛けなければなりません。

 

まず、発生直後に利用する消炎鎮痛剤としては、アセトアミノフェンが無難な選択方法になります。

 

アセトアミノフェンというのは、風邪などで発熱したときに子供から大人まで、よく使用される薬です。

スポンサーリンク

子供まで使用できるということは、それだけ副作用が少ないタイプの薬であるということです。

 

また、服用のタイミングが、食後などに限定されないために、発生直後に利用するには便利になります。

 

いっぽうで、お酒を一緒に服用すると、大きな副作用が発生する可能性が高い薬でもあります。

 

そのため、アセトアミノフェンを服用するときには、お酒は控えることが大切です。

 

そのほかの消炎鎮痛剤としては、非ステロイド性消炎鎮痛剤が、よく使用されます。

 

非ステロイド性消炎鎮痛剤は、消炎効果が高いので、日本では諸外国よりもよく使用されています。

 

いっぽうで、胃腸へ負荷が高い薬でもありますので、胃腸の弱い方には不向きな薬でもあるのです。

 

また、お酒というのは、胃腸への刺激性が高い飲み物ですので、胃腸の粘膜を荒らすことがあります。

 

そのため、胃腸が弱くない人であっても、念のためお酒を控えることが無難です。

スポンサーリンク