MENU

軽い肉離れでのテーピング

スポンサーリンク

スポーツをしていると、いつかは経験するかもしれないのが、肉離れです。
肉離れはいつ襲ってくるかわからない潜在的な危機の一つです。
多くがふくらはぎや太ももの表裏に発生するこの怪我は、一度の発症によってしばらくの休養を余儀なくされるだけでなく、再発しやすいクセがついてしまったり、肉離れを起こすことへの精神的な不安から、プレイが消極的になったりもするので、予防も大切ですし、肉離れを起こしてしまった後のケアも重要です。
肉離れとは筋繊維の断裂症状のことをいいます。
人が体を動かす場合、筋肉がゴムのように収縮と伸長を繰り返し行うことになりますが、そこに過度な負担がかかってしまうと、ゴムが千切れかけたり、完全に千切れたりしてしま現象が起こります。
これが肉離れであり、その際に皮下出血(内出血)が起こる場合があるのは、このためです。
肉離れが起こった場合の原則として、無理をすれば歩けるような状態であったとしても、まずは安静にすることが一番です。
肉離れの直後には外傷の初期治療の常識としてRICE処置を施すことが好ましい対応です。
RICEとはRest(安静)、Ice(冷却)、Compression(圧迫)、Elevation(高挙)の4つの要素の頭文字をとったもので、これらのことに注意して処置をすることで、ケガによるダメージを最小限に抑えることができます。

スポンサーリンク

肉離れが起こったときは、何かが切れるような感触があったり、痛みを感じる部分が青くなっていたりします。
完全に断裂した場合は、当該部位の陥没を触って確認することができ、この場合は歩行することが困難なほどの痛みを伴います。
歩くことが可能なくらいならば、症状は比較的軽度だといえ、完全な断裂時に比べて治療に時間がかからないと期待できます。
ただし、どんなに軽い肉離れでも、無理に動かさないほうが得策です。
軽い肉離れの場合、テーピングだけして、無理をして部活の練習やトレーニングを行おうとする人がいますが、そういった試みは百害あって一利なしです。
新たなケガや再発のリスク、足をかばうことによる他の筋肉への負担増や質の悪い練習と疲労による回復力の低下など、良いことはありません。
軽い肉離れや、治りかけ、治りたてにはしっかりとしたテーピングを行うことが重要です。
テーピングやサポーターはケガの確率を下げ、不安を取り除いてくれるため積極的に使用したほうが良いのですが、筋肉への負荷を軽減してしまうため、筋肉増強の面から見ると、完治後の本格的なトレーニングができる時期になったら外したほうがよいです。

スポンサーリンク