MENU

肉離れは温めるのか冷やすのか

スポンサーリンク

運動をしている最中に肉離れが起きることがあります。
こうなると適切な処置をしなければいけませんが、実際にはどのような処置が効果的なのかはっきりと理解していないという人もいます。
温めるのか冷やすのかで迷う人がいますが、適切な処置やそのメカニズムによって温めた方がいいというようなときもあります。
従ってその原因や仕組みをしっかりと把握しておく必要があります。
肉離れは急に体を動かしたり運動をしている最中に起こることが多くなっています。
とくにふくらはぎと太ももに痛みが生じることがほとんどです。
ふくらはぎの上側に見られることが多く、動くことができなかったり自分で歩くことが一時的に難しいというような症状が見られます。
これは筋肉が断裂することで発生するのですが、この断裂によって激しい痛みを感じます。
日常的に運動をしている人でも怒ります。

スポンサーリンク

肉離れの痛みを感じたときには、すぐに対処する方法として冷やすと言うことがよく言われます。
整形外科などに行くとアイシングや湿布などをするところが多くなっていますが、これが全ての症状によいということではありません。
冷やす方法が適切となるのは、日頃から運動をしている人になります。
このような人の筋肉は十分な柔軟性があるので筋肉が疲労することで症状が発生しています。
従って痛みがある部分の熱をしっかりと取り除く必要があります。
逆に日常的に運動をしていないという人は、温めることで症状を緩和させることができます。
日頃運動をしていないと言うことで筋肉の柔軟性がありません。
筋肉が温まっておらず血行が悪いことで痛みを感じるので、十分に温める事で筋肉の痛みを取り除くことができます。
その結果筋肉の再生を素早く行うことができます。

スポンサーリンク