MENU

大腿四頭筋の肉離れを起こした時のテーピングの有効性

スポンサーリンク

大腿四頭筋とは太ももの全面部分のことを指し主に四つの筋肉で構成されています。
この大腿四頭筋は膝関節の動きに大きく関わる筋肉であり運動する際には最も使用する筋肉だといえます。
例えば膝を伸ばすという動きもこの筋肉が使用され、また運動する際にしゃがみこむ姿勢をキープする際やボールなどを蹴る時にも活躍します。
この筋肉は重力に耐えるうえでも重要な役割を果たしジャンプを行う時そして着地する際は大きな筋力を発揮します。
これはいわゆる重力を受けるという意味で非常に重要な筋肉だという事が言えます。
このことから大腿四頭筋というのはスポーツをするうえで、最も活躍する部位だとわかります。
膝を曲げたりジャンプしたりするのはあらゆるスポーツにおいて使用する場面が多いからです。
その大事な部分がもし肉離れを起こしてしまうとスポーツどころか日常生活にも支障をきたすというのが容易に理解できると思います。
肉離れを起こさないために運動する際はしっかりとした予防をしなければなりません。

スポンサーリンク

もし大腿四頭筋が肉離れを起こしてしまった際はどうすればよいのでしょうか。
まず基本的にはスポーツや運動は休まなければなりません。
アイシングや安静することなどが有効なので、しばらくの間は動かないようにします。
またテーピングは肉離れにおいてあらゆる面で非常に有効になります。
大腿四頭筋は膝を曲げたり、体重を支えたりするのに使う筋肉であり、この部分にテーピングを施すことで披露を軽減し、または筋肉痛予防にも使われる場合があります。
すなわちその部位において負担を軽減するのがテーピングの大きな役割なので治療中やスポーツなど復活する際は使用することをお勧めします。
テーピングは適切な貼り方をしないと効果はありません。
またテーピングには種類があるので自分の状態に応じて選ぶことが大切になります。
肉離れとは筋繊維が断裂している状態にあるので一度治りかけで無理に動かすと再断裂をすることもあります。
スポーツや運動に復帰する際は適切にテーピングを施し無理のない動きで徐々に体を慣れさえていくことが大切になります。

スポンサーリンク