MENU

肉離れの治療、防止にはサポーターがおすすめ

スポンサーリンク

スポーツをしていると突然ふともも、ふくらはぎに激しい痛みが生じることがあります。
この症状を肉離れといいます。
肉離れとは、筋肉の収縮動作が急激に行われた際に、筋肉そのものに筋肉の部分断裂、または完全断裂を発症する筋肉の障害です。
日常生活での動作で肉離れが起こることがないのは、筋収縮によって生じる運動エネルギーがそれほど大きくないからであり、急激な収縮による運動エネルギーの大きさによってそれは生じます。
肉離れは重さによって3段階の症状に分けられています。
まず、第1段階の軽症では、症状は非常に軽く、部分的に小規模の断裂が生じています。
痛みがあるけれども自力歩行が可能であると、この段階に分類されます。
第2段階は中程度で、筋繊維の一部断裂、筋膜の損傷、皮下内出血が発症しています。
この段階になると自力の歩行が困難になってきます。
最後に、第3段階の重症ですが、この場合は手のひらで陥没を確認できるほどの症状になっています。
筋繊維に部分断裂が深くでき、自力での歩行は不可能に近いです。

スポンサーリンク

肉離れが起きたときに対する主な治療法は、ギプスやテーピングなどをして固定することです。
これは、断裂してしまった筋繊維を保護し、これ以上の悪化を防止する目的があります。
しかし、症状を起こしやすいふくらはぎなどの筋肉は、日常生活をするために必要不可欠な筋肉でもあります。
また、テーピングを自分で巻くのはなかなか難しく、すぐにずれてしまったり、はがれてしまったりすることがあります。
そこで、患部にサポーターを利用するのがおすすめです。
サポーターは、素人でも簡単に、かつしっかりと患部を固定することができます。
さらに着脱も簡単にできるために、入浴時等にはずし、入浴後すぐに取り付けることもできます。
また、サポーターは治療だけでなく、装着することで再発防止にもなります。
肉離れは癖になりやすいため、再発防止をすることでよりよい活動をすることができます。
スポーツ等激しい運動をするときに、再発防止のためにサポーターを装着するのも安全に活動するための1つの方法です。

スポンサーリンク