MENU

肉離れの原因と症状、治療は主に痛み止めであるロキソニンを使用

スポンサーリンク

スポーツや寝ている時などに突然と症状が現れることもある肉離れがあります。
筋肉がはるような感じがあり、動けば痛みが出るというものです。
これは筋肉を普段使っていない方に良く起こる症状です。
軽い症状の場合は、そのままじっとしていれば数分で動ける程になりますが、症状が重い場合はいつまで経っても動けない状態が続きます。
このような肉離れがになった場合は、応急処置としてまず冷やすということが大切です。
冷たい水を浸したタオルを患部にあてる方法や氷で冷やす方法、水を掛け続けるといった方法が応急処置になります。
軽い場合は、これらを行うと自然に完治するわけであります。
しかし、これらを行っても治らない場合は病院へ行くとことです。
動けない場合などは、救急車を呼ぶなどをして対応をします。
軽い症状であっても一応診て貰うのが一番良い方法です。
肉離れの場合、患部周辺に悪化が出ている場合などがあるので用心のため診て貰うと良いわけです。
特にスポーツで起こった症状の場合は、軽いものでも病院へ行くようにすると良いです。

スポンサーリンク

では、病院へ行った場合はどのような治療をするのかといいますとその起こった症状によってレントゲンと撮ります。
例えば、スポーツで事や交通事故での場合はレントゲンを取り患部周辺もチェックするのです。
問題が無ければ、電気治療や薬治療を行います。
痛み止めのロキソニンパップなどが支給されます。
この痛み止めのロキソニンパップは肉離れの患部に貼るものであり、激痛時などの痛み止めに効果がある薬です。
医者によってはロキソニンの錠剤を処方する所もあります。
基本的にロキソニンは、鎮痛剤であるので錠剤を服用しても痛み止めの効果はあるのです。
軽い場合は1回の診療で数日後には回復しますが、重い場合は数ヶ月という場合もあります。
完治するまで松葉つえを持って歩くような生活をしなければいけない場合もあります。
時間が経てば肉離れは治るものです。
ただそれがどれだけの症状なのかで左右されます。
肉離れにならないようにするには、普段から身体を動かすなどをして筋肉をほぐすということが大切なのであります。

スポンサーリンク