MENU

背中の肉離れの症状について

スポンサーリンク

背中に違和感がある人がいますが、これを肩こりと感じている人もいます。
しかし肩こりではなく肉離れの可能性も否定できません。
多くの場合か半身に発症するとされており、その値も90パーセントとなっています。
歯科しか阪神以外に背中や腰や腕などに症状が見られることがあります。
たとえばゴルフをしていたり筋肉が萎縮している寒い時期に重たいものを持ったと言うことが原因となることもあります。
このほかに朝起きて布団から起き上がったときや高いところのものを取ろうとしたときに肉離れが起きることもあります。
これは誰にでも起こることです。
また症状は激しい痛みを伴います。
しかし少し違うのは下半身よりも短い期間で治るという点です。
それはこの部分にあまり大きな体重がかからないと言うことが関係しています。
また激しい痛みがあったということとだけで判断してはいけません。

スポンサーリンク

背中に痛みがある場合には、他の病気が関係していることもあります。
たとえば内臓疾患が原因となっている場合です。
痛みが発生したときには自分一人で判断せずに病院を受診することが大切です。
完全に筋肉が断裂しているのであれば呼吸困難に似たような症状が出ることもあります。
また痛みが原因となって歩くことも難しい状態にもなります。
病院を受診すると筋弛緩剤や消炎剤や湿布などで治療が行われています。
ここで大切なことは安静にし、患部をできるだけ動かさないようにすることです。
このような状態を1週間続けることで、痛みなどの症状が大きく軽減されます。
痛みや腫れが取れた後には、少しずつ筋肉を鍛えるトレーニングやリハビリを行っていきます。
最初は軽いものから行い、安定してくれば水泳やジムに通うなどの方法を行います。
こうすることで再発しにくい体にすることができます。

スポンサーリンク