MENU

肉離れのエコー検査について

スポンサーリンク

肉離れを引き起こしているときには、自己判断をしないで病院を受診する必要があります。
肉離れとは筋肉が断裂している状態のことで、激しい痛みを伴うことがあります。
病院は整形外科を受診する形となりますが、とくにふくらはぎにたくさん発生するようになっています。
ここに何らかの衝撃を受けたときには、その直後から内出血が見られるようになっています。
そして数日が経過すると足全体に内出血が広がることもあります。
ここでは大量の内出血と腫れを悪化させないかが治療のポイントになります。
また内出血をできるだけおさえるためには、病院で適切な治療を受ける必要があります。
それは触診とエコー検査になります。
病院では触診とエコー検査が行われるようになっていますが、これらの方法で肉離れが発生している場所と程度が確認されるようになっています。
エコー検査が行われた後にはアイシングと圧迫を行います。
これで内出血と腫れをできるだけ抑えることができます。

スポンサーリンク

アイシングと圧迫はどの程度行うのかというと、衝撃を受けた直後から48時間、症状がひどい場合には72時間を目安に行うようにします。
なぜ圧迫をするようになっているのかというと、筋肉を元の状態に戻すためです。
また包帯やテーピングを行いますが、これをしっかりと巻き付けるようにします。
衝撃を受けた部分の細胞が、酸素と栄養不足の状態にならないために、初期の治療で内出血を抑えることが大切になります。
内出血が治まった後にはどのような治療が行われているのかというと、2週間程度経過すると、内出血のあとが青くなっています。
ここで新しい内出血がなければ心配をする必要がありません。
状態を確認しながら慎重に治療を進めていきます。
回復期に入った場合には、どのような治療が行われているのかというと、治療ではなくリハビリを中心に行います。
適度な負荷をかけて筋肉の強さや柔軟性を取り戻していきます。
肉離れでは最初の診断である触診やエコー検査が重要になります。

スポンサーリンク