MENU

ふくらはぎの肉離れの原因と前兆について

スポンサーリンク

肉離れを起こしやすい部位の1つに、ふくらはぎの筋肉があげられます。
原因としては、柔軟性が足りていないこと、筋肉の疲労などがあげられます。
筋肉を酷使していても、運動不足でも身体に影響を及ぼすということです。
腓腹筋の中でも内側にある、内側頭中間部に発症するケースが多くあります。
ふくらはぎに症状が発生した場合、再発しやすいのが特徴です。
肉離れは筋肉の部分断裂や完全断裂を発症し、これは運動エネルギーを生むメカニズムが大きく関係しています。
幼少期はあまり強力な筋収縮機能を持っていません。
柔軟性も高いので、幼少期に肉離れを発症することがあまりなく、大人になってから発症することが多いです。
日頃から身体に柔軟性をつけておくことが、発症を抑える手助けとなります。
寝ている時に足元が冷えていると、筋肉が急に収縮する原因となります。
冬場は特に、毛布をかけたり靴下を履くなど、暖かくして寝るのがお勧めです。
マッサージも時々してみてもいいかもしれません。

スポンサーリンク

運動をしていてふくらはぎに違和感を感じたり、張りを感じる場合は、肉離れの前兆かもしれないので注意が必要です。
毎日運動をしている方だと、筋肉を使いすぎてしまい、前兆として身体からサインが出ます。
違和感を感じても気のせいだと、そのまま放って置いたり運動をし続けると、肉離れが再発しやすい身体になってしまうので、気をつけていく必要があります。
もし気をつけていても肉離れが発生してしまったら、症状を確認して安静にします。
これ以上筋肉が引っ張られないよう固定し、圧迫することで痛みがひどくならないようにするのも方法の1つです。
まだ完治していない状態では再発する可能性があるので、グルタミン成分をサプリメントから摂取していくのもお勧めです。
グルタミンは傷口の回復を早める効果があることが確認されています。
こういった前兆がある前に自らが身体の管理をしていくことで、その人に合った適度な運動量が守れるかもしれません。

スポンサーリンク