MENU

肉離れ予防に効果があるスパッツ

スポンサーリンク

スポーツをしていて怖いのは怪我ですが、特に注意すべきは肉離れです。
肉離れは筋組織の断裂ですから、発症してしまうと治るまでにかなりの時間を要することになりますし、クセになりやすいので治ったとしても再発する可能性があります。
ただ、怪我には不慮のアクシデントによって負ってしまうものもありますが、肉離れは、その類とは異なる怪我だと言えます。
つまり、心がけ次第で、十分、予防可能な怪我なのです。
では、どういった心がけをすれば予防できるのかというと、まずは筋力アップです。
筋組織が断裂してしまうということは筋力がないということですから、筋トレをして筋力をアップさせれば良いのです。
発症しやすい太ももの裏(ハムストリング)、ふくらはぎは重点的に行うべきです。
そして、スポーツをする前のウォーミングアップも大切です。
体が温まっていない状態で激しい動きをすれば、体にかかかる負担が大きくなりますから、当然、発症しやすくなります。
また、体を温めるだけではなく、ストレッチをして筋肉を事前に収縮させておくことも大切です。

スポンサーリンク

加えて、スパッツを履くことも予防策として有効です。
スパッツを履くと圧迫されることになりますが、圧迫することにより筋肉の能力はアップすることになりますので、肉離れを発症しにくくなるのです。
そして、筋肉の能力がアップするということはパフォーマンスもアップするということですから、スパッツを履くことは一石二鳥だと言えます。
スパッツはファッションアイテムとしても用いられていますが、ファッション用だと圧迫の度合いは低いものとなっています。
従って、幾分、高価になってしまうとは思いますが、スポーツ用を履いた方が良いと言えます。
また、前述したとおり、肉離れを発症しやすいのは太ももの裏(ハムストリング)とふくらはぎです。
一般的にスパッツというと膝上までの丈ものを指しますが、足全体をカバーするタイツタイプもあります。
スポーツによっては難しい場合もありますが、ふくらはぎの発症リスクを考えれば、タイツタイプを履いた方が良いと言えます。

スポンサーリンク