MENU

肉離れの際の痛み止め注射の有効性

スポンサーリンク

スポーツをやっている方にとって肉離れの症状は起きる確率が高い非常にやっかいな症状であり、万が一なってしまった場合はスポーツどころか歩くことも困難になるほどの症状といえます。
そうなってしまえば、スポーツは完治するまでは休養せざるを得ませんし、日常生活でも支障をきたします。
そもそも肉離れとはどのようなことが原因で起きるのでしょうか。
簡単に説明すると肉離れとは人が体を動かす際に使う筋肉は動かすたびに収縮をします。
この収縮が過度に行われた際、または筋膜が急激に伸ばされた際に部分断裂、完全断裂を起こしてしまうことが原因でなります。
基本的な治療方法としては症状がある部位へのアイシングや温熱療法などがあります。
包帯などで極力症状がある箇所に負担がいかないように固定などして安静にすることが大事です。
完全に治っていない状態で運動を行った場合は再断裂することもあるので、完治するまでは安静にします。
症状の度合いによっては痛みが激しくなる場合もあるので気をつけなければなりません。

スポンサーリンク

では肉離れになり、日常生活の動作でも痛みがひどい場合は痛み止めの注射や薬は有効なのでしょうか。
まず肉離れの症状によって軽度の場合と重症の場合があります。
基本的な治療として先ほど述べたアイシングなどの方法などがありますが、この症状の場合人が本来持つ自然の治癒能力などで治すことも重要となっています。
軽度の場合痛みはそこまで激しくないので本来の治療の仕方をすることで治すことが出来るので痛み止めをする必要はありません。
重症の場合は激しい痛みで悩まされる場合またはどうしても我慢できない場合は痛み止めは有効になります。
注射、または薬などで対応します。
薬などは効果が得られるまでの時間や人によっては薬の効果が得られない方もいらっしゃいますので専門機関での痛み止め注射を打つことは痛みを消すためには非常に効果があります。
ただしあくまで痛みに対しての効果が得られるという事であり、肉離れが治るということではないので、あくまで痛み止めは一つの対策として考える程度にとどめ、本来の治療をきちんと行うことが完治する一番の方法だという事を忘れてはいけません。

スポンサーリンク