MENU

ふくらはぎの肉離れには、自転車が効果的です

スポンサーリンク

肉離れを起こす部位は、ほとんどがふくらはぎと言われています。
そもそも肉離れとは、筋繊維が損傷する、一部が断裂してしまうことです。
筋肉痛と混同してしまう人もいますが、まったく違うものになります。
筋肉痛は、一時的な症状で痛みはそこまで強くはありません。
そのまま放っておいて、痛みが落ち着けば運動を再開しても問題はありません。
しかし肉離れは、強い痛みを伴い、筋肉が怪我をした状態を指します。
特に、切れるような感触や殴られたような激しい痛みがあります。
ふくらはぎの強い肉離れになると、外から見てもわかるような強い炎症や腫れ、痛む部分が青くなるなどの症状があります。
ひどい場合は、足を着地させるだけでも強い痛みを伴うため、自力で歩行することが困難になる場合もあります。
症状を見て、痛みが強い、違和感があるなどの場合はすぐに病院に行きましょう。
軽い場合であれば痛みが治まるまで運動を控え、しばらくすれば再開することもできますが、一度病院に行っておくと安心です。

スポンサーリンク

もし肉離れを起こしてしまったら、程度にもよりますが、リハビリを行う場合があります。
これは、怪我をしないための予防にもつながります。
怪我をすると、しばらくは運動をせずに安静期間を設けなければなりません。
そうすると、肉離れを起こしたふくらはぎ以外の場所も、筋力が低下してしまいます。
急に激しい運動は危険なので、軽めのストレッチや短時間の運動を行うことが大切です。
中でも自転車こぎは、筋トレも兼ねているので効果があるといわれています。
外で自転車に乗ってサイクリングを楽しみながら運動をすることもいいですし、ジムに設置してある自転車を使用しても効果があります。
不安や心配がある人は、理学療法士やトレーナーなどのプロの方に付いてもらうことで、効率的にリハビリと筋力アップが見込めます。
怪我は、同じところで繰り返し起こしてしまうことがあるので、すこしずつ短時間で行い、できるだけ負荷をかけないようにしましょう。
また少しでも運動を行ったら、ストレッチして筋肉をほぐすことも忘れないようにしましょう。

スポンサーリンク