MENU

大袈裟かもしれないが、肉離れと自己診断することは重要

スポンサーリンク

足に、いつもでは感じない痛みを感じたら、肉離れを起こしている可能性があります。
その場合、何はともあれ肉離れだと自己診断し、今現在行っている行動や作業を、即刻、中止することが賢明です。
なぜ、自己診断して行動や作業を中止しなければならないのかというと、重症化してしまう可能性が大いにあるからです。
すでに、重症である場合もあります。
肉離れは重症となると、筋組織の深い部分断裂を起こしています。
この場合、かなり激しい痛みを感じることになりますし、歩行も困難となります。
軽症の場合、痛みはあるものの、それほど酷くはなく、よって僅かに我慢をすれば、歩行が可能です。
しかし、そのまま行動なり、作業なりを続けていると、すでに筋組織の小規模な断裂は発生していますので、すぐに重症化してしまうのです。
ですから、多少大袈裟かと思うかもしれませんが、自己診断を下し、行動、作業を中止する必要があるのです。
ちなみに、筋組織の深い部分断裂は、患部を指で押すことで分かります。
指で押して患部が陥没するようであれば、痛みの有無、歩行の可能、不可能に関係なく、深い部分断裂が発生しています。

スポンサーリンク

自己診断を下した後の処置ですが、できればRICE処置をとるのがベストです。
RICE処置とは、スポーツにおける怪我の応急処置の基本となる治療法であり、肉離れにも対応するものです。
RICEは、4つの処置の頭文字をつなげた造語です。
従って、RICE処置は、4つの処置方法で形成されています。
その4つとは安静(Rest)、アイシング(ICE)、圧迫・固定(Compression)、挙上(Elevation)です。
挙上とは高くすることであり、具体的には心臓よりも患部を高くして、腫れないようにさせます。
肉離れはスポーツをしている際に発症することが多いので、スポーツをする際にはRICE処置ができるような準備をしておくべきです。
具体的には、アイシングするための水、氷、袋、圧迫・固定するためのテーピングが必要となります。
もちろん、スポーツをしていない時でも肉離れは発症しますし、スポーツでもジョギング等の場合はRICE処置の準備をすることは不可能ですが、その場合でも、できることだけは、やっておく必要があります。
応急処置をするかしないかで、回復の度合いは大きく違うこととなります。

スポンサーリンク